サロン・店舗の売却の方法

エステサロン、ネイルサロンなどのサロン経営は、他の事業に比べると、小資本で開業できるため、開業のハードルが低くなっています。

しかし、その分競合が多く、開業の数だけ廃業の数も増えています。

では、そういったサロン・店舗を閉店、売却するには、どのような方法があるのでしょうか。

サロン・店舗の閉店、売却の方法は、以下の3つの方法があります。

サロンオーナー・経営者の方は、必ず知っておいた方がよいでしょう。

 

1.スケルトンにして不動産屋へ返却

2.居抜き物件として譲渡

3.M&A(事業譲渡・営業譲渡)

 

3.は、弊社がサービスの対象としている譲渡の方法でありますが、一番知られていないサロン売却の方法ではないかと思います。

それでは、1つ1つ説明していきます。

 

 1.スケルトンにして不動産屋へ返却

<サロン・店舗の売却の方法>

1.スケルトンにして不動産屋へ返却

店舗を廃業、撤退するための一般的な方法です。

スケルトンと呼ばれていて、借り始めた元の状態に回復しなければなりません。

そして、そのための原状回復費用がかかってしまうのです。

さらに、物件だけでなく、機械や設備などの売却を個別に行わなければならず、閉店時に、膨大なお金がかかってしまうのです。