美容M&A.comとは

美容業界、美容サロンに業界特化したM&A仲介サービスを行っております。

美容業界・美容サロンとは、
エステティックサロン、スパ、リラクゼーションサロン、マッサージサロン、ネイルサロン、アイラッシュサロン、ヘアケアサロン、美容室、など…

1店舗から複数店舗、企業様まで
美容業界のM&Aについては、お気軽にお問い合わせ下さい。

美容M&A.comは、アルテパートナーズ株式会社が運営しております。

美容業界のM&Aについて

M&Aとは、一般的には企業の合併・買収のことを言います。
美容業界で言うと、お店を売ったり、買ったりすることです。

お店を売ったり、買ったりするときには、通常「居抜き(いぬき)」と言われる方法がありますが、これはお店だけを売ったり、買ったりすることを意味します。この場合は、スタッフやお店の名前、お客様などは売買の対象にしません。

これに対して、M&Aはスタッフやお店の名前、お客様などを含めて売ったり、買ったりすることを意味します。

中小企業でも盛んなM&A

M&Aというとこれまでは、大企業のものというイメージがありましたが、後継者不在に悩む中小企業や店舗においてもM&Aが活用されています。
M&Aで創業者利益を得ることにより、ハッピーリタイアメントを実現しているオーナー社長も多いのです。

また、買収希望企業においても、一から事業を作って育てていくよりも、他社から事業を丸ごと買ってくることによって時間を買うことが可能であり、経営戦略、成長戦略の手段としてM&Aが活用されています。

ネットマッチングやM&A業者が増えてきたことに伴い、お店を売ったり、買ったりすることも増えてきました。しかし、お店を売ったり、買ったりすることは、ほとんどの人に経験がないものです。お店を買った後に、思ったほど売上が立っていなかった、スタッフが皆辞めてしまった、などのトラブルもよく起きています。

これを防ぐにはご自身でよく勉強をされるか、信頼できるアドバイザーにしっかり費用を払って、アドバイスを受けつつ、売ったり、買ったりを進めていくことが大切です。

M&A仲介サービスとは

弊社では、「M&Aアドバイザー」が、売りたい方と買いたい方の仲介役となって、M&Aに関する一連のアドバイスと契約設立までの取りまとめを行っております。

M&Aアドバイザーに依頼するメリットは、より広いネットワークで相手先を見つけることができることや、より専門的なアドバイスを受けることができるなどです。
最大のメリットは、経営者が本業である経営に集中することができることです。

弊社の仲介サービス、M&Aアドバイザーが提供するサービスは、
・売り手企業、買い手企業候補のリサーチ、発掘
・売り手企業、買い手企業への情報提供、マッチング
・バリュエーション(企業評価)、戦略構築、提案資料の作成
・作業分担、スケジュール作成・管理
・必要資料、契約書等の草案の作成
・条件交渉のサポート、ミーティングの進行
などです。

M&Aの流れ

1.当社とのお打ち合わせ

2.詳細資料の提出(売り手)

3.買い手候補リサーチ・ピックアップ

4.トップ面談(売り手と買い手)

5.基本合意契約の締結(売り手と買い手)

6.デューディリジェンスの実施(買い手)

7.最終譲渡契約書の締結・クロージング・決済

サロン・店舗の売却の方法

エステサロン、ネイルサロンなどのサロン経営は、他の事業に比べると、小資本で開業できるため、開業のハードルが低くなっています。

しかし、その分競合が多く、開業の数だけ廃業の数も増えています。

では、そういったサロン・店舗を閉店、売却するには、どのような方法があるのでしょうか。

サロン・店舗の閉店、売却の方法は、以下の3つの方法があります。

サロンオーナー・経営者の方は、必ず知っておいた方がよいでしょう。

 

1.スケルトンにして不動産屋へ返却

2.居抜き物件として譲渡

3.M&A(事業譲渡・営業譲渡)

 

3.は、弊社がサービスの対象としている譲渡の方法でありますが、一番知られていないサロン売却の方法ではないかと思います。

それでは、1つ1つ説明していきます。

 

 1.スケルトンにして退去

<サロン・店舗の売却の方法>

1.スケルトンにして退去

店舗を廃業、撤退するための一般的な方法です。

スケルトンと呼ばれていて、借り始めた元の状態に回復しなければなりません。

そして、そのための原状回復費用がかかってしまいますし、解約を申し入れしても通常3ヶ月から半年程度は家賃を支払い続ける必要があります。

さらに、物件だけでなく、機械や設備などの売却を個別に行わなければならず、閉店時に、膨大なお金がかかってしまうデメリットがあります

 

 2.居抜き物件として譲渡

<サロン・店舗の売却の方法>

2.居抜き物件として譲渡

「居抜き物件」として知られていますが、正しくは、「造作譲渡」と言います。

この場合、原状回復することなく、同じような業態のサロンオーナーの方に、内装や設備をつけたままの状態で引き渡します。

閉店側(売り手)は、修繕費用がかからず、売却費用が入ってきます。

譲受側(買い手)も、内装・設備をそのまま使うことができるので、安い資金で事業をスタートすることができるのです。

一方で、設備・内装は引き継ぐことはできても、スタッフを引き継がないケースがほとんどですし、顧客情報・顧客カルテは、この造作譲渡の場合は、個人情報保護法により、譲渡できないこととなっています。

さらに、赤字での売却がほとんどなので、買いたいという人よりも売りたいという人の方が圧倒的に多く、買い手がなかなか見つからないのが現状です。

また、「M&A、事業譲渡の仲介を行っています」とうたっている仲介会社であっても、正式には、この「居抜き譲渡」のことを言っている場合がありますので、注意が必要です。

※弊社では、居抜き譲渡は、取り扱っておりませんが、店舗を売りたいというご相談をいただいた結果、居抜き譲渡を当社でお勧めする場合には、提携業者をご紹介させていただきます。

 

 3.M&A(事業譲渡・営業譲渡)

<サロン・店舗の売却の方法>

3.M&A(事業譲渡・営業譲渡)

店舗の設備・内装だけでなく、そこで働いていた従業員、営業に関わるすべてのもの、ノウハウ、顧客リスト、取引先などを丸ごと継承していきます。

オーナーだけが変わるというイメージです。

売却されたからと言って、従業員は全員解雇されることはなく、また、顧客や取引先にも迷惑をかけなくてすむのです。

また、譲渡価格は、営業利益、残存資産額をベースに計算されますので、経営状況のよい店舗・サロンであれば、居抜きよりも高い金額で売ることができるのです。

さらに、売り手の売却の理由は、赤字でやむを得ず廃業するからというのはなく、他事業を始めたいなどの積極的な理由がほとんどです。

経営のコンディションが良い状態での売却であるため、買いたいという方が圧倒的に多く、契約成立の確率も高くなっています。

弊社では、美容サロンを売りたい方と買いたい方の両方がハッピーになってほしいという思いから、このM&Aの仲介サービスを行っています。