企業価値評価(譲渡金額)の計算方法

企業価値評価(譲渡金額)の計算方法は、

譲渡金額=時価純資産価額+営業権

※中小企業では一般的な計算方法です。
※他にも、DCF法(将来のキャッシュフローを現在価値に割り引いて計算。上場企業では一般的。)、EBITDA法などいくつか計算方法があり、計算可能であれば、他の方法で算出した評価額も考慮に入れて、総合的に評価していきます。
※最終的に合意する譲渡金額は、売り手、買い手両者が十分に納得できる、妥当な金額である必要があるため、この計算方法で算出した金額が譲渡金額になるというわけではありません。