譲渡企業(売り手企業)にとってのM&Aのメリット

■M&Aの動機

・後継者不在。
・ハッピーリタイアメントをしたい。
・新規事業への投資資金を得るため。
・アーリーリタイアメントをしたい。
・事業の選択と集中。
・事業の先行きに対する不安。
・業績の悪化。
・お店の解体費用をかけずに、無償で引き取ってほしい。

 

■M&Aのメリット

・売却によるキャピタルゲイン(売却益)を得ることができる。
・従業員や取引先やお客様を新オーナー・会社に引き継ぐことができる。
・引き継いだ会社で、自分が手塩にかけて育て、発展させた事業をそのままさらに発展、拡大させることができる。
・廃業によるコストを抑えることができる。

買収企業(買い手企業)にとってのM&Aのメリット

■M&Aの動機

・できるだけ初期の投資コストをかけず、経営戦略として、独自のノウハウや顧客を持つ優良企業を買収したい。
・事業転換をしたい。
・新規事業を始めたい。
・投資家としてポートフォリオ戦略の一貫として純粋にオーナーになりたい。

 

■M&Aのメリット

・顧客、商圏、人材、ノウハウ等を一括してスピーディーに取得できる。
・ゼロから事業を立ち上げる場合に比べて、時間と起業コストがかからずに済む。「時間を買う」ことができる。
・経営予測や投資回収予測が立てやすく、リスクの低い経営が可能になる。
・シナジー効果が得られる。